朝ドラ『まれ』や『べっぴんさん』に子役として出演した渡邊このみさんが新ドラマ『越路吹雪物語』に登場!!気になる現在の姿は。

 朝ドラ『まれ』『べっぴんさん』に子役として出演した渡邊このみさんが新ドラマ『越路吹雪物語』に登場!!気になる現在の姿は。

皆さん明けましておめでとうございます。年が明けていよいよ2018年がスタートしましたね。今年もいい年であるといいですね。皆さんは今年の抱負はもう決めましたか?私はまだ決めていません。でも必ず決めようかなと思っています。やはり一年いい年で過ごすためには明確な目標を設定した方が、ただ何となくだらだらと過ごすよりもいいかなと思うので。

さて、あっという間に正月も終わってもういつも通り仕事を始めている方も多いと思います。テレビでも新ドラマが次々と放送されますね。そんな中で1月8日月曜日12時30分から始まる新ドラマ『越路吹雪物語』がスタートします。名曲『愛の賛歌』を世に送り出した昭和の名スター越路吹雪さんの生涯をドラマ化したもの。そのドラマに恐らく幼少期の頃の役で渡邊このみという子が出演します。この子は2015年の朝ドラ『まれ』で主人公まれの幼少期を演じ、話題になりました。また、2016年の朝ドラ『べっぴんさん』でも主人公すみれの幼少期役を演じました。その演技力は天才子役と謳われた芦田愛菜さんを超えるとも言われています。というわけで今回はそんな渡邊このみさんについて調べてみました。

1.渡邊このみさんのプロフィール

名前:渡邊このみ

生年月日:2006年 7月25日

出身:大阪府

身長:140㎝

年齢:11歳

事務所:ワタナベエンターテインメント

渡邊このみさんは2011年に演技未経験ながら、映画『八日目の蝉』で女優の井上真央さん演じる主人公薫の幼少期役でデビューしました。その映画の演技で2012年第35回日本アカデミー新人俳優賞を史上最年少で獲得しました。当時はまだ4歳か5歳のはずですからそう考えると凄いですよね。しかも演技は未経験でいきなり映画デビューし賞を獲得してしまうという。芦田愛菜さんを超える天才子役と呼ばれる所以ですね。

芦田愛菜さんもデビュー当時は4歳か5歳くらいで、かなり難しい役をやっていましたね。難しい台詞や感情の表現などをよくできていたと思います。八日目の蝉は映画を観ていないので分からないのですが、演技未経験で賞を取るほどですから才能は十二分にあると思います。

2.英語がペラペラ?

渡邊このみさんは2013年にECCジュニアのプロモーションビデオに出演しています。そのため英語が得意なのでは?と思った人も多いはずです。

当時は小学1年生ですが既にこの英語力。頭がかなりいいようですね。私なんて英語を習い始めたのが小学校6年の頃ですが、こんなにペラペラと話すことはできませんでした。やっぱり早くから慣れていた方が習得するのも早いようですね。

3.弟も子役として活躍している

渡邊このみさんには弟がいて、弟も子役として活躍しています。渡邊一功といいます。2歳年下です。吹石一恵さん主演のドラマ『バラ色の聖戦』で姉弟ともに共演しています。弟さんも天才子役として頭角をあらわす日が来るのでしょうか?

4.越路吹雪物語に出演。大河ドラマにも。

そんな渡邊このみさんが1月8日から放送される『越路吹雪物語』に出演します。どんな演技を見せてくれるのか楽しみですね。

また、1月7日に始まるNHKの新大河ドラマ『西郷どん』にも出演する見たいですね。こちらも楽しみです。それでは。

スポンサーリンク
森羅と木漏れ日の図書館1
森羅と木漏れ日の図書館1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする