元人気子役のアヤカウィルソンさんが大人になって世界ふしぎ発見に出演!!

元人気子役のアヤカウィルソンさんが大人になって『世界ふしぎ発見』に出演!!

10月21日土曜日午後9時から放送の『世界ふしぎ発見』に元人気子役だったアヤカウィルソンさんが登場します。久しぶりにテレビ番組に出るようですので、知らない方もいると思いますし、何をしていた人なのか忘れている方もいるかもしれません。そこで今回はアヤカウィルソンさんについて調べていきたいと思います。

1.アヤカウィルソンさんのプロフィール

クリックすると新しいウィンドウで開きます

出身:日本/カナダ
生年月日:1997/8/3
年齢:20 歳
性別:女性
身長:161cm
バスト:84cm
ウェスト:60cm
ヒップ:85cm
靴のサイズ:23.5cm
言葉:英語 日本語

血液型 A型

本名ウィルソンあやか

アヤカウィルソンさんはカナダ人の父親と日本人の母を両親に持つハーフです。両親の影響からか日本語も英語も話せるバイリンガル。日本でも外国でも不自由しないのは羨ましいですね。スタイルもよく、大人になって美人になるのも頷けます。

2.パコと魔法の絵本で2008年にデビュー

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 アヤカウィルソンさんが子役としてデビューを果たしたのは2008年に公開された映画『パコと魔法の絵本』でヒロインのパコ役を演じ、デビューしました。もう今から9年前ですが覚えてる方もいると思います。そして木村カエラさんが歌う同作の主題歌『memories』にも出演しています。しかし、実はモデルとして働き始めたのは3歳から。3歳の頃から既に働いていたというのが驚きです。そんなに幼いころから自分の将来を見据えていたんでしょうかね?だとしたらすごいです。私なんて3歳の頃はまだ将来について考えたこともないと思いますし、そもそも当時の記憶をあまり覚えていません(笑)。

そして翌年2009年、パコ役で日本アカデミー賞新人俳優賞日本インターネット映画大賞日本映画部門新人賞を受賞しました。そしてなんと日本アカデミー賞新人俳優賞を獲った人の中ではこの時歴代最年少ということですからこれはまたすごいですね。彼女の演技力の高さは相当のものですね。ある意味伝説の子役だったといえます。

そして子役時代、『ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史』でクレムの声優を務めたり、『矢島美容室 THE MOVIE〜夢をつかまネバダ〜』にもメアリー役として出演しています。

3.cmやバラエティ番組に出演

クリックすると新しいウィンドウで開きますクリックすると新しいウィンドウで開きます

『パコと魔法の絵本』でデビューした後、子役時代のアヤカウィルソンさんは徐々に知名度や人気が高まり、様々なcmやバラエティ番組に出演するようになります。

そしてみんなのうたで『ひよこぐも』という歌を歌い、CDも発売されました。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

当時のことはあまりよく覚えていないのですが、確かに昔、cmやテレビ番組で見かけていましたね。まさかこの子だったとは思いませんでした。一時代を築いていたんですね。

4.現在はフィットネスインストラクター?そして再びcm出演?

そんな子役時代を過ごしたアヤカウィルソンさんですが現在はどうなのでしょうか?

調べてみると、現在は仙台放送(ox)で制作、放送されている脳トレ番組『川島隆太教授のいきいき脳体操』という番組内でフィットネスインストラクターとしてレギュラー出演していることが分かりました。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

大人になったアヤカウィルソンさん。元々大人びた顔立ちをしていましたが、相変わらず整った顔立ちで綺麗ですね。

さらに、cmにも再び出演していることが分かりました。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

クリックすると新しいウィンドウで開きます

グリコ乳業のcm「カフェオーレ街角編」に大人になったアヤカウィルソンさんがミス・カフェオーレ役で出演していました。外国の街並みがとても似合ってますね。衣装も似合ってますしとてもいいですね。

知らないうちに大人になって(しかも美人)再びテレビやcmの前に現れたアヤカウィルソンさん。こんなところで活躍していたんですね。また再びバラエティなどに出演してほしいですね。

5.世界ふしぎ発見に出演

10月21日土曜日午後9時放送の『世界ふしぎ発見』にアヤカウィルソンさんが出演します。子役時代から大人になり美しくなったアヤカウィルソンさんが見られる貴重な機会だと思います。今から楽しみですね。一体彼女はどんな解答をするのでしょうか。必見です。

スポンサーリンク
森羅と木漏れ日の図書館1
森羅と木漏れ日の図書館1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする