アドベンチャーランナー北田雄夫さんが情熱大陸に出演。現在結婚してるの?

アドベンチャーランナー北田雄夫さんが情熱大陸に出演。現在結婚してるの?

 こんにちは。12月3日午後11時から放送される情熱大陸に、北田雄夫(きただたかお)さんが出演します。この人はアドベンチャーランナーという世界の各地を走るランナーとして世界各地で活躍しています。アドベンチャーマラソンというものはどんなものでどれほど過酷なのか。そして、北田雄夫とは一体どんな男なのか?ということで今回は北田雄夫さんについて調べていきたいと思います。

1.北田雄夫さんのプロフィールと経歴

クリックすると新しいウィンドウで開きます

名前    北田 雄夫(きただ たかお)

生年月日  1984年1月18日

出身地   大阪府堺市

身長    174cm

経歴:北田雄夫さんは中学時代に陸上を始め、近畿大学3年の時に全日本陸上競技選手権4×400メートルリレーで3位に入賞します。その後、大手化学メーカーに就職し、働きながらマラソンやトライアスロンなどの競技経験を得て、30歳でアドベンチャーマラソンに出会います。練習時間を増やすために周囲の反対を押し切って退社し、1年間バイトで食いつないだ後、知人の紹介で現在の貿易会社に務めます。

 そして2015年に日本人として初めて、The Trackに挑戦し10位に。Fire+iceというアイスランドで6日間を250キロメートルを走るアドベンチャーマラソンでは3位入賞という輝かしい成績を残します。

ちなみに過去の北田雄夫さんの成績です。

2014年 6月 Gobi March(中国 7日間250km)【51位】

2014年10月 Atacama Crossing(チリ 7日間250km)【64位】

2015年 5月 THE TRACK(オーストラリア 10日間521km)【10位/日本人初挑戦】

2015年 8月 FIRE + ICE(アイスランド 6日間250km)【3位/日本人初挑戦】

2016年 9月 Grand to Grand Ultra (アメリカ 7日間273km)【8位】

2016年11月 The Last Desert(南極 7日間250km)【2位/チーム戦】

2017年 2月 Ice Ultra (スウェーデン 5日間230km)【3位/日本人初挑戦】

2017年11月 Ultra Africa Race (モザンビーク 5日間216km)【3位/日本人初挑戦】

出典:TAKAO-KITADA-北田雄夫オフィシャルサイト

 北田雄夫さんは現在33歳。アドベンチャーマラソンに出会ってから3年目。元々陸上をやっていたということもあるのでしょうが、わずか3年でこれだけの成績を残せるのは凄いですね。働きながらどんな練習をしたらこんな結果が残せるのでしょうか?体力も相当いるでしょうね。6日間で250キロメートルとか走るにはかなりのスタミナと持久力がないと、走れないですよね。

 そして、30歳で会社を辞める勇気がよくあったな~と思います。今のご時世就職はそんなに簡単じゃありませんから。そりゃ周りも反対するでしょう。でも逆にそこまでしてアドベンチャーマラソンに打ち込んだからこそ結果を残せたんだと思います。好きなものほど人は打ち込み、上手くなっていくものです。北田さんは本当に心からアドベンチャーマラソンが好きだったんですね。そうじゃないと好きでもない人からしたらただの苦行でしかないですからね。何で6日間で250キロも走らなきゃならないんだ~って私なら多分なりますね(笑)。

2.アドベンチャーマラソンって何?

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 北田雄夫さんが挑戦しているアドベンチャーマラソンとはどのようなものなのでしょうか?調べてみました。

アドベンチャーマラソンとは?

地球の果てを走る過酷なマラソン。厳しい自然環境(砂漠、南極、ジャングルなど)の中、レース中に必要となる食料、衣料、寝袋、サバイバル道具などのすべてを背負いながら200km以上を走る。10〜20kmごとのチェックポイントをたどりゴールを目指し、合計タイムで順位を競う。レースによっては、「気温 −50~50°C」「標高5,000m」「砂漠・氷河・山・川・沼・洞窟」「獣や虫の危険」などを乗り越える必要があるため、体力以外にも精神力、順応力、判断力、生命力が求められるレースでもある。 現在、世界で30以上のレースがあり、参加者は数十名〜1千名まで様々。1986年にアフリカ・サハラ砂漠で開催された「サハラマラソン(Marathon des Sables)」が草分けとなったレースであり、近年は世界的にレース数や参加者数が増えてきている。

出典:TAKAO-KITADA-北田雄夫オフィシャルサイト

やっぱり普通のマラソンよりも過酷なんですね。間寛平さんがやっていたアースマラソンみたいな感じですかね。砂漠や南極、時にはジャングルなど厳しい環境の中を食料や寝袋、衣料やサバイバル道具など全てを持ち運びながら走るというのは相当にきついはずです。さらにレースによっては気温-50~50℃とか標高5,000m、獣や虫の危険などを乗り越える必要があるので、サバイバルについての深い知識や、自然環境に対応するための体作り、精神力などが必要となるわけですね。これは確かに仕事の片手間で練習するのではとてもじゃないけどレースなんて出られませんね。入念に準備しないと下手したら命を落とすかもしれないですね。

しかしこれだけ過酷なレースだと、走り終えた時は順位に関係なく達成感で満たされそうな気がします。北田雄夫さんもこの達成感が忘れられないからやっているんでしょうね。あくまで想像ですが。

そして気になるのが賞金ですが、なんと優勝賞金は0円!!一銭も出ないようです。ということはみんな自分でお金を貯めて趣味で出ているという方が多いわけですね。賞金が全くでないとなると、それで生計を立てるということは無理ですから。北田さんが再び貿易会社に就職したのもレースに出るための費用を稼ぐためと考えれば納得できますね。

北田さんは現在クラウドファインディングという方法で資金を集めているみたいです。目標の60万円どころか80万円まで集まったとか。それだけ北田さんのことを応援してくれる方が多いわけですね。

そしてスポンサーもついていて、あのmizunoという会社がなっています。だからレースの費用や道具についての心配はほとんどないと思われます。

3.現在結婚は?

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 北田雄夫さんは現在33歳。もう結婚していてもおかしくはない年齢ですが、彼女などはいるのでしょうか?

調べてみましたが奥さんがいるというような情報は見つかりませんでした。彼女がいるかどうかも不明です。やはり、アドベンチャーマラソンの練習と仕事で忙しくて彼女を作る暇もないかもしれないからですかね。

北田さんの働いてる職場は北田さんがレースに出場することを知っており、勤務時間中の配慮やレースに出るための休暇なども認められているらしいです。会社全体で北田さんを応援している感じのようなので、頑張ってる北田さんの邪魔をしたくないということで、会社の女性で気になってる人がいても声をかけづらいのかもしれないですね。

まあ、仮に彼女や奥さんがいたとしても、アドベンチャーマラソンの練習と仕事であまりゆっくりと二人で過ごす時間は取れないかもしれないですし、数か月に一度海外の過酷な場所に行くとなると、待つ身としてはとてもハラハラしますよね。

今は自分の好きなことに全力で取り組んでいる感じなのでしょう。

4.情熱大陸に出演

そんな北田雄夫さんが12月3日に放送される『情熱大陸』に出演します。現在では自分の夢をあきらめてしまう方も多いのに、社会に出ても自分の夢ややりたいことをあきらめずに精一杯やっている北田さんの姿は本当にかっこいいと思います。是非ともみなさん番組を見て、北田さんのことを応援して下さいね。

スポンサーリンク
森羅と木漏れ日の図書館1
森羅と木漏れ日の図書館1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする