12才の天才ギタリスト、Keiji by ZERO君が『おはスタ』に登場。気になるその経歴とは?

12才の天才ギタリスト、Keiji by ZERO君が『おはスタ』に登場。気になるその経歴とは?

 皆さんはKeiji by ZEROという天才ギター少年をご存じでしょうか。アルファベットの格好つけた名前をしているなと思われる方もいるでしょう。彼はまだ12才。しかし既に大人顔負けのテクニックと演奏技術を持ち合わせており、その実力は格好つけるにふさわしいと言えます。全然名前負けしてない抜群の技術とセンスをKeiji by ZERO君は12才にしてどうやって獲得したのでしょうか? 気になりますよね。そこで、今回はKeiji by ZERO君について調べていこうと思います。

1.ギターを四歳のころから弾き始めた。

keiji1

現在12才の天才ギタリストKeiji by ZERO君(以降Keiji君)ですが、ギターを始めたのは何と4才の頃。きっかけはお兄ちゃんとロックバンド『XJAPAN』のビデオを見たことをきっかけに、ギターに興味を持ち、弾き始めたそう。

 XJAPANといえば日本で最も有名なロックバンドの一つと言っても過言ではないですよね。HIDEさんやPATAさん、SUGIZOさんなどのギター演奏を聴いて、4才の時にシビレるものがあったのでしょうか。流石XJAPAN。4才の子供を目覚めさせるとは。そして4才の時からギターを弾きはじめるのもすごいですよね。私はこの頃一体何をしていたのか・・・・。最近は天才キッズと呼ばれる子供が数多くテレビ番組に出演したりしていますが、多くの子供が小さい頃に興味を持ったことをやり続けていることが多いんですよね。やはり天才になるための条件はそれですね。しかし、早く始めたからといって必ずしも早く上達するというものでもありません。ですから本人の努力もさることながら、Keiji君の元々の才能もすごかったのだと思います。

 2.気になる実力は?

上記でさんざんKeiji君の凄さについては語りましたが、実際の所彼の実力はどのようなものなのかと言うと・・・・・。

keiji4

なんと、すでに楽器メーカーのESPエンドース契約を結んでいる程。エンドース契約とは楽器を無償で提供する代わりにライブやパフォーマンスで使用してもらうというもの。つまり宣伝ですね。このエンドース契約は当然それ相応の実力がないと結べません。演奏が下手な人と結んでも客が集まらないし宣伝になりませんからね。ということは彼はもう大人や企業が認める程の実力を身に着けているということになります。これがどれくらい凄いことか。ESPとは名立たる多くのギタリストが愛用する有名なメーカーで、そこから契約を結ぶということは一流のギタリストとして認められたようなものです。

いやー凄すぎて自分という存在が小さく見えてしまいますね・・・・。そして楽器フェアでESPのブースでパフォーマンスを披露し、数多の大人たちを痺れさせたという。実力はまさにプロ級です。

3.現在の活動は?

凄腕ギタリストKeiji君ですが現在はどこでどんな活動をしているのでしょうか?

調べてみると、ニコニコ生放送やYoutube、首都圏でライブ活動を行っているようです。詳しくは彼の公式ブログ、ギタリストへの道~メタルキッズ奮闘記~

に載っているので興味がある方は覗いてみるのもいいと思います。

そして、ブログを見る限り既にTwitterなども使いこなして自分の活動を宣伝しているようで、一人のプロとして活動しているようです。この年でかなりしっかりしてますね。

4.名前の由来は?

Keiji by ZEROという名前の由来ですが、これは推測になりますが彼が習っていたと思われるギターセミナー、超絶ギタリスト養成ギプスby Kelly SIMONZからでしょう。彼の本名は木内宗幸で本名がギタリストネームになっていないのですが、by○○という形が似てますよね。

根拠は無いのですけど、ゼロというのも自分はまだまだ未熟者だとかそのような意味で付けたのかもしれません。いずれにせよ、今後テレビでの露出が増えればその由来が明らかになるかもしれません。

5.『おはスタ』に出演

11月3日金曜日朝七時からテレビ東京で放送される『おはスタ』にKeiji by ZERO君がゲスト出演します。どうやら自分の曲を生演奏してくれるそうです。一体どのような曲なのでしょうか。そしてその腕前も気になります。今から楽しみですね。それでは。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

6.まとめ

  • 4才のころにギターを始めた。
  • 現在12才で実力はプロ級
  • 楽器メーカーESPとエンドース契約を結んでいる
  • ニコニコ生放送やYoutube、首都圏でライブ活動をやっている。
  • おはスタで自分の曲を生演奏予定

スポンサーリンク
森羅と木漏れ日の図書館1
森羅と木漏れ日の図書館1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする