妖談寺、私的妖怪ランキング

 どうも、皆さん久しぶりです。森羅です。今回は妖談寺の妖怪で無限のダンジョンを攻略するにあたって、より深層に行きやすい妖怪をランキングにしてみようと思います。あくまで私が強いと感じたものであり、実際は個人によって強さや使いやすさは異なってくると思います。

Sランク

まずはSランクの妖怪です。使えばほぼ確実に10階以上に行ける妖怪です。3体います。

 1体目はぬりかべです。こいつはHPと防御力がかなり高く、下層の妖怪の攻撃はまず喰らいません。そのため序盤は安心して探索をすることができます。序盤で死ぬとしたら餓死するくらいです。スキルも防御力を上げるものや、壁の中に入って移動できるものなどがあり、ピンチを切り抜けられやすいのがいいです。

2体目は閻魔大王です。こいつは一番最後に解放される妖怪だけあってステータスがかなり高く、ぬりかべ同様序盤は死ぬ要素がほとんどなくて無双できます。ただし持ち物制限がつらい。他の妖怪は道具が5個まで持てるのに対し、閻魔大王は3つだけ。強すぎる故のハンデなのでしょうが、これが結構辛い。攻略に必須のお守りも最大3つまでなので、持ち歩くお守りも吟味しなければいけない。更に4つあるスキルのうち2つは殆どゴミ。運が絡むコイントスと事故率を上げる鬼召喚は使わない方がいいでしょう。残り2つのスキルは、視界内の妖怪全てに出血の状態以上を付与する苦痛と、指定した場所まで移動できるテレポートの2つ。正直この2つだけでやっていけます。

そして3体目は九尾の狐です。能力が全体的に高く、スキルも攻守共に隙がないです。ただ上記の2体に比べるとゴリ押しはできないですね。

この3体は他の妖怪と違って序盤の安定度が段違いです。個人的には使うならぬりかべをお勧めします。閻魔大王は強いけど色々と使いづらい印象でしたし道具数の差は結構大きいので。それにお守り5つ持ったぬりかべは確実に閻魔大王より強くなるでしょうから。

Aランク

 Aランクの妖怪はSランクほど楽ではないが、ちょっと工夫したり、運が良ければ10階層あたりまでは余裕で行けると思われる妖怪です。下記の3体が強いと思いました。

まずは人魂。自身は戦闘力を一切もたない代わりに、敵の妖怪に乗り移って戦うことができる特殊な妖怪。普通の妖怪は一度死ぬと終わるがこの妖怪は別。乗り移っている時に死んでも、人魂の状態に戻るだけで、攻撃を受ける前に再度別の妖怪に乗り移れる。ダメだと思ったらわざと死んで、倒した奴に乗り移るといった芸当が可能。これが強い。ただし、複数の敵に囲まれていたり、遠距離系の攻撃をする妖怪がいたりすると死んで乗り移る前に攻撃を食らって死ぬ。要はどこで死ぬかが重要。乗り移るとその妖怪が覚えているスキルが使える。

次は木霊。設置系の技を使う妖怪で、乗っているだけでHPが自動回復する陽光草が強力。乗っていればタイマンではまず死なない。複数でリンチされたりすると厳しいけど。一度使えば効果が永続するのでコスパが非常にいい。スキルを連打するとそれだけ腹の減りが早くなるのでその必要がないのはありがたい。さらに、木を生やすことで道を遮ったり、遠距離系妖怪の攻撃を射線から外すこともできる。こちらも地味だが便利。ギザギザ草は唯一の攻撃スキルだが、敵を誘導するのが難しいので個人的にはあまり使わない。とにかく使い勝手のいい妖怪。

最後は。防御力が高い耐久型の妖怪。一度死んだら終わりのこのゲームで耐久力が高いことはそれだけで強い。主に眠り状態に関係するスキルを覚える。また、この妖怪は満腹度の回復の仕方が特殊で、肉や食べ物が食べられないかわりに、眠っている相手に夢喰いというスキルを使うことでのみ回復する。ちなみに、夢喰い時のテキストが妖怪ごとに違っていて妙に凝っている。敵がいれば眠らせて満腹度を回復できるので、空腹の心配がほとんどないから楽。ただし、悪夢の風というスキルを3ケタ階で使ったり、使われたりするとかなりの高確率でフリーズするバグが発生するらしいので、記録を目指したい人は自体使わない方がいいかもしれない。

Bランク

   序盤は厳しいがそれを乗りこれば化ける可能性のある妖怪。3体。

   一反木綿。ステータスは低いが回避率が高い回避系妖怪。非常に打たれ弱く油断するとすぐに死ぬ。しかしスキルは中々に強力で、敵の攻撃やスキルを封じることができるので一方的な攻撃が可能。特にスキルと攻撃の両方を封じる非戦化を使えば敵は何もできなくなるので、習得できるまで進めれば探索がかなり楽になる。だが、それまでがやはり鬼門である。相当慎重なプレイが要求される。

  女郎蜘蛛。毒や魅了を付与する状態異常を得意とする妖怪。主なダメージソースが毒しかないのが厳しいが、魔力の糸が非常に強力。蜘蛛の糸に仕掛けることで、引っかかった妖怪に毒と魅了の状態異常を同時に付与することができる。魅了の間は他の敵を攻撃し、自分には攻撃してこないので、一時的な戦力にできるしそのまま毒のダメージで嬲り殺すこともできる。強い。しかもスキルレベルを上げれば複数回効果を適用できるようになる。ただ単純な殴り合いには弱いためやはり序盤が辛い。

  猫又。遠距離攻撃系の妖怪。ステータスが低いのでいかに敵を近づけさせずに戦うかが鍵。火炎による火傷ダメージは強い。序盤は骨を使って骸骨を召喚し、そいつを囮にしながら戦うと安定する。悪魔化を習得できるまで進めば後は順調に行けるかな?と、いったところ。

総評

他の妖怪は?と思われる方がいると思いますが流石に全ての妖怪を個別に評価していくことはできませんのでこの辺にしたいと思います。ここに書かなかった妖怪も決して弱いとか使えないわけではありません。それぞれに戦略が違うし光るものはあります。ですので皆さんも色んな妖怪を使ってみて下さい。ちなみに、一番弱いのはのっぺらぼうだと思います。完全に人魂の下位互換ですからね。攻撃力が割と高いのが救いか。それでは。

スポンサーリンク
森羅と木漏れ日の図書館1
森羅と木漏れ日の図書館1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする